VSTインスト

vocaloidMEIKOをVSTインストとして使う方法を述べます。

※最初は、メモリーの関係か、演奏しようとするとハングアップしたりのトラブルがありましたが、再起動したら、間をおいたりすることで、なんとか演奏するようになりました。

A.VSTiを設定する

1.プラグインのインストール

 VocaloidMEIKOをインストールもしくはアップデートするときに、「Install VOCALOID VSTi to:」画面で、SSWの「VSTPlugin」フォルダーにインストールします。

2.VOCALOIDでのmidiファイルの作成

 VOCALOIDで歌声ファイルを作成し、VOCALOIDのmidi形式で保存します。(VOCALOIDで普通に保存するということですね。)

3.SSWを起動します。

4.「設定」→「オプション」を選択し、更に、「フォルダの設定」タブを選択し、「VSTが存在するフォルダ」でVOCALOIDOのVSTプラグインをインストールしたフォルダを選び、「OK」ボタンをクリックします。

5.「VSTインストゥルメント」ボタンをクリックし、「VSTインストゥルメント」画面で、「Vocaloid」を選択します。

B1.歌声から伴奏をつける

1.VOCALOIDで作ったmidiファイルを読み込みます。

2.midiファイルを読み込んだトラックの「出力ポート」をクリックし、「vocaloid」を選びます。

3.伴奏を作ります。

4.「Play」ボタンを押せば、演奏を始めます。

B2.伴奏に歌声を乗せる

1.SingerSongWriterで伴奏を作り、VOCALOIDで歌声を作ります。
2.SingerSongWriterで、作った伴奏を開き、歌声を入力したいトラック、場所をクリックして入力できるようにしておきます。
3.アレンジエクスプローラーを開き、VOCALOIDで作った歌声のmidiを選びます。(ここでは、全休符の状態で表示されていますが、貼り付けを行うときちんと歌います。)
4.必要な部分(全ての歌声を入れる場合は、全て)を選択します。
5.「SET」ボタンをクリックすると、入力されます。
6.「VSTインストゥルメント」ボタンをクリックし、「VSTインストゥルメント」画面で、「Vocaloid」を選択します。
7.midiファイルを読み込んだトラックの「出力ポート」をクリックし、「vocaloid」を選びます。
8.「Play」ボタンを押せば、演奏を始めます。
9.「VSTインストゥルメント」のパラメーターや「オーディオミキサー」のパラメーターを操作します。

C.VSTiを操作する

C1.Vocaloidを操作

 SSWからVocaloidのパラメーターを操作することができます。

1.「VSTインストゥルメント」ボタンをクリックし、「VSTインストゥルメント」画面で、「ED」ボタンをクリックするとVOCALOIDのパラメーター操作ウインドウが開きます。
2.「Play」ボタンをクリックして演奏させながら、必要なパラメーターを操作します。

C2.ミキサーを操作

 SSWで、ミキサーを使って操作します。

1.「オーディオミキサー」ボタンをクリックし、オーディオミキサーのウインドウを開きます。
2.「Play」ボタンをクリックして演奏させながら、ミキサーを操作します。
・EQ(イコライザー)→高音(H)や低音(L)を調節
・ボリューム→音量を調節
・パンポット→音の出る位置を調整
・エフェクトをかける
 @TRINSの下のボタンをON(赤色)にする。
 ATRINSボタンをクリックして、エフェクトパネルを表示
 Bエフェクトの種類を選び、効果を設定する。
 ※再現するためにデーターとして入力するためには、エフェクトパネルの上部右にあるCURRENT(現在のトラック)かALL(全てのトラック)をクリックします。
・SEND(センドレベル)→設定したエフェクトのかかり具合をオーディオミキサーのセンドレベルで調整
  ※「OFF」使用しない
   「POST」すでにバランスを取った状態でかける
   「PRE」バランスを取る前の状態でかける
・SNAP(スナップショット)→オーディオミキサーで設定した状態を再現可能にするときは、データーとして入力しておく。