カイトの編曲工房

 カイトの編曲工房へようこそ。
さっそくだけど、これを聞いてほしんだけど。
▼聞いてみる
へー、同じ歌なのにずいぶん違うわね。
アレンジの仕方によって、歌ってかっこよくなるんだね。

1.コードをつけよう

 伴奏をつけるには、とにかくコードがついてないと何も始まりません。ということで、コードをつけることから始めてみよう。
 とにかくまずは、1番だけに集中。2番、3番があっても無視。
 イントロも、間奏も、エンディングも無視。

○和音探しのポイント

・原則的には、1小節1和音。(中に1小節2和音となる場合がある。特に3,4,7,8小節のあたりに多い。)
・使われてる音の量で見る。
 Tに含まれている音が多ければT。Wに含まれている音が多ければW
・それぞれの小節の最初と最後の音符を見る。
 Tに含まれている音であればT。Wに含まれている音ならばW
・曲の始まりは、T。
・展開部の始まりや曲の山は、Wが多い。
・落ち着いた感じの終わり方の時は、XからT。
・続く感じの終わり方の時は、「TからX」「WからX」「XからTの主音以外」「WからTの主音以外」のどれかになる。
・Xは、X7となることが多い。
・1小節目の、3拍目や4拍目から始まる曲は、実際の2小節目を1小節目として考えていく。

@楽譜の最初と最後をみてみよう
・1番の楽譜の最初と最後を見てみると、最初と最後のコードが分かるよ。(メロディー部分だけです。イントロやエンディングがついていたら無視してください。)
 ♯や♭といった何か調号がついていますか?それとも何もついていませんか?
 ここで、コードが2つだけに絞られました。
 もし何もついていなければ、CかAmのどちらかだよね。
 ♯が一つの時は、GかEm。♭が一つの時は、FかDmだね。

・次に最後の部分を見てみましょう。
 何も調号がついてないとき、「ド」で終わっていれば、C。「ラ」で終わっていればAmになります。
 ♯が一つの時、「ハ長調のソ」で終わっていればG。「ハ長調のミ」で終わっていればEm。
 ♭が一つの時は、「ハ長調のファ」で終わっていればF。「ハ長調のレ」で終わっていればDmです。

・これで、第1小節と最後の小節が決まりました。
※多くの曲は、T(主和音)で始まり、T(主和音の主音)で終わります。

、 念のために、第1小節を確認しておきましょう。T(主和音)の中にある音が使われていますか。?
※一つも使われてなかったら、とりあえず、一番多く使われている音が含まれているコードを当てはめておきます。

A終わりから2つ目のコードも決まる

 歌の終わり方には決まりがあります。X(属和音)→T(主和音)で終わる。
 たとえば、G7→C、Em7→Am、D7→G、Bm7→Em、C7→F、Am7→Dmです。
※最後の2小節を見てみます。2つの小節の音符が。XとTの音になっていれば。そのままコードがつきます。
※もし、最後の2小節がX、Tになっていないときは、最後の小節を見てみます。最後の小節の中に、X→Tの流れがありませんか。
 最後の小節の中にないときは、最後から2つ目の小節を見てみます。最後から2つ目の小節の後半部分に、Xの和音の音がありませんか。

B8小節ずつ見よう

 多くの場合、8小節をかたまりとして、歌が構成されています。さらに、この8小節は、4小節+4小節になっています。
 前の4小節を「a」として、後ろの4小節が似ていれば、「a’」(前半2小節は、aの前半2小節と同じことが多い)とします。
 違っていれば「b」とします。

・8小節が1つだけ(一部形式)
 多くは、a+b となるわね。
・8小節が2つ(二部形式)
 a+a’、b+a’ となることが多いよ。
・8小節が3つ(3部形式)
 A(8小節/提示)+B(8小節/展開)+A(8小節/再現)となることが多い。
A……a+bあるいは、a+a’
B……c+c’あるいは、c+d

・4小節が3つ(小3部形式)

C最初の4小節を見る

 第1小節はT(主和音)から入りますから、「T+?+?+?」となります。
 でも、4小節目の最後は続く感じの終わり方になります。「T+?+?+終止」
 不完全終止……X(属和音)→T(主和音の主音以外)でおわる
 半終止……X(属和音)でおわる。「TからX」か「WからX」
(参考)その他の終わり方 
 変格終止……W(下属和音)→T(主和音)
 偽終止……X(属和音)→Yの和音でおわる

Dコード進行のパターンで見る

 最初の4小節で、確定していないのは、1小節か2小節ぐらいになっていると思います。そこで、コード進行の流れが次のパターンに当てはまらないか、見てみます。

・T→W→X7→T ・T→U→X7→T
・T→Y→W→X7 ・T→Y→W→X7→T
・T→Y→U→X7 ・T→Y→U→X7→T
・T→V→W→X7 ・T→V→W→X7→T

■(参照)調と和音とコード

コード進行パターンにないときはどうするの?

E和声進行の約束で見る

 コード進行パターンに当てはまらないときは、和声進行の約束で見てみるよ。

元の和音 進行可能な和音
T主和音 U、V、W、X、Y
U X
V W、X、Y
W下属和音 T、U、X
X属和音 T、Y
Y U、V、W、X
Z ※Xの変わりに使われることがある

■(参照)調と和音とコード

F次の4小節を見る

 最初の4小節のコードが決定したら、次の4小節を見てみよう。

・最初の4小節と似ているなら「a’」
 はじめの2小節は、最初の4小節「a」のはじめの2小節と同じコードにします。
 終わり方が、「落ち着いた終わり方」になるように、V7/V→Tにします。

・最初の4小節と似ていないなら「b」
 「b」の場合、Wの和音で始まることが多いようです。Wの音がないか見ます。
 Wでない場合は、音の量や強拍部の音を見て、コードを決めます。
 終わり方が、「落ち着いた終わり方」になるように、V7/V→Tにします。
 コード進行パターンや和声進行の約束を元にコードを決めます。

G2番目の8小節を見る

 「b+a’」か「b+b’」になることが多いようです。

・3番目の4小節は、
 「b」の場合、Wの和音で始まることが多いようです。Wの音がないか見てみます。
 Wでない場合は、音の量や強拍部の音を見て、コードを決めます。
 終わり方が、続く感じの終わり方になります。「T+?+?+終止」
  不完全終止……X(属和音)→T(主和音の主音以外)でおわる
  半終止……X(属和音)でおわる。「TからX」か「WからX」
 コード進行パターンや和声進行の約束を元にコードを決めます。

・4番目の4小節は、終わり方が、「落ち着いた終わり方」になるように、V7/V→T主音にします。
 「a’」であれば、「a’」を参考に決めます。
 「b’」であれば、「b」を参考に決めます。

H三部形式の場合

 8小節が3つある三部形式の場合を見てみます。

・最初の8小節(提示)
 前の4小節は、Tの和音で始まり、続く感じの終わり方(V→T主音以外かT→XかW→X)にします。
 後ろの4小節は、落ち着いた終わり方(V7/V→T主音)になるようにコードを決めます。
 パターンは、「a+b」あるいは、「a+a’」

・2番目の8小節(展開)
 前の4小節も、後ろの4小節も続く感じの終わり方が多い。(V→T主音以外かT→XかW→X)
 パターンは、「c+c’」あるいは、「c+d」

・3番目の8小節(再現)
 最初の8小節(提示)を繰り返したり、少し変化させます。
 コードは、最初の8小節のコードを参考につけます。

※小三部形式

 4小節が3つの場合を、小三部形式といいます。

・最初の4小節(提示)
 Tの和音で始まり、落ち着いた終わり方(V7/V→T主音)になるようにコードを決めます。

・2番目の4小節(展開)
 続く感じの終わり方が多い。(V→T主音以外かT→XかW→X)

・3番目の4小節(再現)
 最初の4小節(提示)を繰り返したり、少し変化させます。
 コードは、最初の4小節のコードを参考につけます。

※三部形式の変化

 曲の中には、三部形式を変化させたものが多く見られます。展開部を長く広げたり、繰り返す。あるいは、一行にまとめ、4小節のまとまりを5にする。また、再現部を一行にまとめ、5行にするなどの変化があります。

I更に長い曲も8小節ずつ見る

 更に長い曲も、8小節ずつで見ていきましょう。

・似ている箇所があれば、そこのコードを参考に決める。
・終わり方は、続く感じか、落ち着いた感じか。
・コード進行パターンに当てはめることができないか。
・和声進行の約束に従ってコードをつける。


カイトの作曲塾
ミクの音楽教室 メイコの作詞道場 カイトの作曲塾 カイトの編曲工房