神調教の道

B.Wave変換後の調教

 ヴォーカロイドの歌声をWave出力した後は、エフェクトをかけてより魅力的に仕上げていきます。また歌として完成するために伴奏とのミキシングもしていきます。

エフェクト

 最初に出力したVOCALOIDの歌声をエフェクトをかけて化粧してやります。

@歌い手の声を生かす

使用パラメーター 使用ツール 調教のポイント 調教の範囲
EQ(イコライザー) 性別を生かす 全体
EQ(イコライザー)

 EQ(イコライザー)で、ある周波数の音を選択的に大きくしたり小さくしたりして、歌い手の性別を生かすようにします。
・抜けを良くするためには、高域を持ち上げる。
・太さや暖かさを出すときは、中域を少し持ち上げる。
・ロボ臭さを消すには、高域を少し削って、70Hz以下をカットする。
Female-Vを使いました。 
▲聴く
エフェクト名 効果 GEIN FREQUENCY Q GEIN FREQUENCY Q
LoHi 高域をカット 6 1000 4 10 10000 0.8
DonSari 高域と低域を強調し派手 4 100 1 5 12000 0.8
EasyL まろやかなイージーリスニング向け -3 9 2.1 -3 12000 2.1
Male-V 男性ボーカルに張りを持たせる -2 200 0.8 3 5200 2
Female-V 女性ボーカルに張りを持たせる 1.6 360 8 3 4800 1.2 ◎使用
Narrator ナレーションを聞きやすくする -4 100 1.6 3 3000 0.8

A歌の特長を生かす

使用パラメーター 使用ツール 調教のポイント 調教の範囲
グラフィック・イコライザー ラインツールで操作 文節ごと
グラフィック・イコライザー

 歌の特長を生かすように、音質を補正する
◎popsを使いました。
▲聴く
エフェクト名 効果 GAIN/Q
25 39 63 99 158 250 397 630 1.0k 1.6 2.5 4.0 6.3 10.0 16.0
ROCK 低域、高域を強調したロック向け 0/5 0/5 5/5 7/5 4/5 -1.5/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 3.3
/5
7
/5
10
/5
8/5
Pops
◎使用
さわやかポップス向け -12/5 -6/5 -3/5 0/5 -2/5 -2/5 -2/5 0/5 0/5 1.5/5 3/5 4/5 5/5 7/5 8/5
Jazz ジャズ向け 0/5 0/5 1.5/5 3/5 5/5 3/5 2/5 1/5 0/5 0/5 0/5 -1.5/5 -3/5 -4/5 -6/5
Vocal 低域とサ行をカットしたボーカル向け -12/5 -12/5 -5/5 -3/5 -2/5 -1/5 0/5 1.5/5 2.5/5 3/5 4/5 3/5 1.5/5 -3/5 -12/5
Dance 量感/5を強調したダンス向け 1.5/5 6/5 6/5 6/5 6/5 4/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5
Low-Cut 低域をカット -12/5 -12/5 -12/5 -12/5 -8/5 -5/5 -3/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5
Hi-Cut 高域をカット 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 -3/5 -6/5 -12/5 -12/5
Power パワフルサウンド 0/5 5/5 8/5 10/5 5/5 1.5/5 1.5/5 2/5 2/5 2.5/5 3/5 5/5 7/5 10/5 8/5
Flat 補正を加えずフラット 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5 0/5

B魅力的の歌声にする

使用パラメーター 使用ツール 調教のポイント 調教の範囲
リバーブ 薄めにかける 全体
リバーブ

 リバーブなど空間系エフェクトをかける。残響が気持ち重なるくらいの弱さにする。
・好みに応じて少しコーラスをかける。
◎Vocalを使いました。 
▲聴く
○リバーブ
 残響をつける
エフェクト名 効果 SIZE TIME DENCITY PRE-DELAY HFDAMP BALANCE
Small-R 小ルーム 6.0 0.6 60 0 8000 40
Mediun-R 中ルーム 10 1 50 15 7000 40
Small-H 小ホール 15 1.6 70 20 5000 40
Large-H 大ホール 30 2.6 80 35 4000 40
Vocal ボーカルやコーラス向き 30 2.8 60 45 3000 20 ◎使用
Ambient 空気感を演出 10 1 50 5 1000 20

○コーラス
 厚みをつける
エフェクト名 効果 DEPTH RATE PRE-DELAY FEEDBACK
Light 軽いコーラス 5 0.4 8 0
Chorus 標準コーラス 10 0.4 12 0
Deep 大合唱を演出 20 1 10 0
Dbl-Trk 一人多重録音 15 0.7 35 0

C音圧を上げる

使用パラメーター 使用ツール 調教のポイント 調教の範囲
コンプレッサー 歪まない程度に 全体
コンプレッサー/リミッター

 コンプレッサー でレベルをそろえたり、最大レベルを押さえ不均一感を無くす。
・歪まない程度に強めにかける。
◎圧縮率の低いボーカル用を使っています。
▲聴く
効果 THRESHOLD ATTACK RELEASE RATIO
圧縮率の低いボーカル用 -50 2.2 0.9 40 ◎使用

完成段階

 いよいよ最終段階です。伴奏とのミキシングをしてやります。 

@ミキシング

使用パラメーター 使用ツール 調教のポイント 調教の範囲
ミキサー 音量調整 ボーカルが埋もれないように 全体
ボーカルが埋もれないように、ボーカルの音量を少し大きめにする。 
組み合わせ
▲聴
完成
▲聴く
1.オケ(伴奏)と歌声(ヴォーカル)を組み合わせます。
2.オケ(伴奏)と歌声(ヴォーカル)の関係を聴きながら、音量を調整してミキシングします。
※ボーカルが埋もれないように、ボーカルの音量を少し大きめにする。
※コーラスを入れるときは、コーラスボーカルは、控えめにしてメインボーカルの邪魔をしないようにする。


A最終調整

使用パラメーター 使用ツール 調教のポイント 調教の範囲
全てのパラメーター 全てのツールで操作 神への道はすぐそこだ 全体
 最後の調教です。「不自然になったところはないか。」確認していきます。
不自然なところは、もう一度調教し直します。時によれば、VocaloidEditoreまで戻って調教する必要があるかもしれません。
 また、もう一度コンプレッサーをかけることによって、ボーカルとオケがなじむこともあります。

完成したもの
▲聴く