神調教の道

おまけ.
Vocaloid、Vocaloid2、Vocaloid3、midi(SSW)を相互に使う

 vocaloid(1)とVocaloid2を持っている場合は、両方を使いあうことによって、それぞれが持っている利点や欠点を補完し合いながら調教することができます。
 また、midiシーケンサー(私の場合は、ssw)によっては、これも利用することができます。

1.VocaloidとVocaloid2、Vocaloid3

  vocaloid(1)で作ったものをVocaloid2やVocaloid3で使う。あるいは逆にvocaloid2で作ったものをVocaloid(1)やVocaloid3で使う場合や、それぞれの操作性の利点を使って作ることができます。

Vocaloid(1)とVocaloid2の比較

Vocaloid1    太字はVocaloid1だけ
@メニュー File Edit View Job Track Lyrics Setting Help
New
Open
Save
SaveAs
Import
Export
(WaveFile)
最近使用したファイル
Exit
Undo
Redo
Cut
Copy
Paste
SelectAll
Delete
IconPalette
Mixer
GlidLine
Lyrics
Attack
Phoneme
Vibrato
Dynamics
NormalizeNotes
VerfyData
DynamicsMode
InsertBars
DeleteBars
Randomize
ImportRiWireHostTempo
TrackManager
Rename
Copy
Add
Delete
Overlay
PhonemeEdit
PhonemeTransformation
UserWordDictionary
VocaloidMidi
(Rresolution)
(Option)
AUDIO
(SynthesisEngine)
(Device)
(Wave)
Skin
Customize
Grlid
Rength
SingerList
Vibrato
Aツールバー filleボタン Editボタン ツールボタン ノートボタン スタートマーカーと
エンドマーカー
Synthボタン トランスポートコントロールボタン
New
Open
Save
Undo
Redo
Copy
Paste
ポインター
鉛筆
消しゴム
全音符
二分音符
四分音符
八分音符
16分音符
32分音符
3連符
付点
先頭へ
巻き戻し
停止
再生
早送り
末尾へ
リピート
GRID LENGTH 座標表示 TEMPO ビューセレクタ
Bシーケンスウィンドウ ルーラー 鍵盤 シーケンストラック
メジャールーラー
テンポルーラー
ビートルーラー
Cトラックセレクタ・タブ
Cコントロールウィンドウ バリュ-フィールド パラメーター コントロールトラック SINGER


Vocaloid2    太字はVocaloid2だけ
@メニュー ファイル 編集 表示 ジョブ トラック 歌詞 設定 ヘルプ
新規
開く
保存
名前をつけて保存
読み込み
書き出し
(WaveFile)
(VOCALOID2FILE)
最近使用したファイル
終了
元に戻す
切り取り
コピー
貼り付け
削除
自動ノーマライズモード
全てを選択
全てのイベントを選択
※右クリックにある
ツールバー
コントロールトラック
ミキサー
グリッドライン
スタートマーカー
エンドマーカー
歌詞/発音記号
音符の表情/ビブラート
音符のノーマライズ
小節の挿入
小節の削除
ランダマイズ
音符の結合
歌詞の流し込み
ReWireからテンポを取得
トラック オン
トラックの追加
トラックのコピー
トラック名の変更
トラックの削除
現在のトラックを合成
全てのトラックを合成
オーバーレイ
音符のプロパティ
発音記号変換
ユーザー辞書
プリファレンス
デフォルト歌唱スタイル
クオンタイズ
音符の長さ
歌手のプロパティ
Aツールバー メジャーバー 編集バー トランスポートバー
MEASURE
LENGTH
QUANTIZE
スタートマーカー
エンドマーカー
ポインターツール
鉛筆ツール
ラインツール
消しゴムツール
グリッドライン表示
ソングポジションへジャンプ
先頭へ
巻き戻し
早送り
末尾へ
再生
停止
スクロール
リピート
ReWireホストへ情報を送信
ソングポジション
テンポ&ビート
Bシーケンスウィンドウ ルーラー 鍵盤 シーケンストラック
メジャールーラー
テンポルーラー
ビートルーラー
Dコントロールトラック バリュ-フィールド パラメーター コントロールトラック
Cトラックセレクタ・タブ



Vocaloid(1)で保存し、Vocaloid2で読み込む

@Vocaloid(1)で調教し、通常の「ファイル」→「保存」を行う。
※「save」アイコンで保存してもよい。
※名前を変えるときや新規保存するときは、「Save (s)」で行う。
主に使う場面
・一つの音符に2文字以上入れたいとき
・促音の「っ」を使いたいとき
・コントロールの数値をはっきりさせて入力したいとき
※矢印カーソルでコントロールポイントをクリックすると「VALUE」に数値が出てくるのでそのまま必要な数値になるまでドラッグするか、上下の三角ボタンで数値入力を行います。
※「INTERVAL」の数値を小さくするとVocaloid2のような連続した線が引けます。

AVocaloid2では「ファイル」→「開く」→「全てのファイル」からmidi形式のものを読み込む。

反映されるもの

Vocaloid保存 Vocaloid2で読み込む Vocaloid3で読み込む 
コントロールパラメーター 
Velocity VEL ×反映されない 
Dynamics DYN DYN 
Resonance1〜4 ×反映されない ×反映されない 
Harmonics ×反映されない ×反映されない 
Noise BRE BRE 
Brightness BRI BRI 
Crearnss CLE CLE 
GenderFactor GEN GEN 
Portament Timing POR POR 
Pitch Bend PIT PIT 
Pitch Bend Sensitivity PBS PBS 
Effect2 Depth ×反映されない ×反映されない 
Singer 同じ番号の別のシンガーになる 同じ番号の別のシンガーになる 
その他 
一つの音符に2文字(以上)の入力 二つ(以上)の音符に分割 二つ(以上)の音符に分割 
促音「っ」の入力 促音として反映 長音になる 
表情パレット ×反映されない アタックは反映なし
ビブラートは反映される 
    ※音符がなくてもパートが読み込まれる 

Vocaloid2で保存し、Vocaloid(1)で読み込む

@Vocaloid2で調教し、通常の「ファイル」→「書き出し」→「VOCALOID MIDI」で書き出しを行う。
※複数トラックを作成する場合は、トラックからトラックへ「全てを選択」あるいは[Ctrt]キー+範囲指定での歌詞(シーケンサー部分)とコントロールの一括コピー&ペーストは行わないこと。→音がとても小さくなります。
 ・必要なトラック数だけ別ファイルとして作るか、「全てのイベントを選択」または範囲指定で歌詞は歌詞で、コントロール部はコントロール部で個々にコピー&ペーストを行うこと。トラック全体を丸ごとコピーしたい場合は、「トラックのコピー」で作るとよい。

※※上記の操作をしてしまったときの修正の仕方
○Vocaloid(1)またはVocaloid2での修正
・新しいトラックを作り、そこにペーストした側のトラックから「SelectAllEvents(全てのイベントを選択)」を用いて歌詞は歌詞で、コントロール部はコントロール部で個々に新しいトラックへコピー&ペースを繰り返します。(もちろんカット&ペーストでもよい)。全てをコピーしたら、元のトラックを削除します。

AVocaloid(1)では「ファイル」→「開く」で読み込む。
※「open」アイコンから開いてもよい。

反映されるもの

Vocaloid2で書き出し Vocaloid1で読み込む Vocaloid3で読み込む 
VEL Velocity ×反映されない 
DYN Dynamics DYN 
BRE ×反映されない BRE 
BRI Brightness BRI 
CLE Crearnss CLE 
OPE ×反映されない OPE 
GEN GenderFactor GEN 
POR Portament Timing POR 
PIT Pitch Bend PIT 
PBS Pitch Bend Sensitivity PBS 
Singer 同じ番号のシンガーになる 同じ番号のシンガーになる 
    ※音符がなくてもパートが読み込まれる