ミクの音楽教室

4.おまけ

 音楽教室のおまけよ。必要になったらきてみてね。

@進行順序

 歌は、同じ部分が何回も出てくることがあるわよね。そこで、同じことを何回も書かなくてもいいように、いろいろな記号を使って楽譜を簡略化しているの。
記号 楽譜の書き方 進行順序
リピートマーク ABCDABCD
ABCDCD
ABABCD
ABABCDCD
カッコ ABCDABCE
ABCDABCDABCE
D.C.(ダカーポ)とFine ABCDAB
D.S.(ダルセーニョ)とFine ABCDBC
Coda(コーダ) ABCAD

A速度記号

メトロノーム記号以外にもだいたいの速さを表す標語もあるよ。
標語 意味 メトロノーム記号では
Grave(グラーベ) 重々しく 40〜42
Largo(ラルゴ) 非常に遅く 44〜46
Lento(レント) 遅く 52〜54
Adagio(アダージョ) 遅く 56〜58
Andante(アンダンテ) 歩く速さ 66〜70
Andantino(アンダンティノ) やや速く 72〜82
Moderato(モデラート) 中ぐらいの速さで 88〜96
Allegretto(アレグレット) やや快速に 104〜115
Allegro(アレグロ) 快速に 120〜136
Vivace(ヴィヴァーチェ) 速く活発に 144〜158
Presto(プレスト) 非常に速く 176〜185
曲の途中で一時的に変えるもの
accelerando(アッチェレランド) だんだん速く
meno mosso(メノ・モッソ) より遅く
ritardanto(リタルダンド) だんだん遅く
rallentando(ラレンタンド) だんだん遅く
a tempo(ア・テンポ) 元のテンポで
Tempo I(テンポ・プリモ) はじめのテンポで
Rubato(ルバート) 自由なテンポで

B強弱記号

 音に強弱をつけるためにいろいろな記号があるわよ。 
記号・標語 意味 記号・標語 意味
ppp(ピアニッシッシモ) 非常に弱く fff(フォルテシッシモ) 非常に強く
pp(ピアニッシモ) もっと弱く ff(フォルテシモ) もっと強く
p(ピアノ) 弱く f(フォルテ) 強く
mp(メゾピアノ) すこし弱く m(メゾフォルテ) すこし強く
(デクレッシェンド) だんだん弱く (クレッシェンド) だんだん強く
dim.(ディミヌエンド) だんだん弱く sfz(スフォルツァンド) 突然強く
sfp(スフォルツァンドピアノ) 強く、すぐに弱く
fp(フォルテピアノ) 強く、すぐに弱く

C演奏用語、その他

 演奏に表情をつけるための記号もあるのよ。 
記号 読み方 意味
スタッカート およそその音符の半分の長さで演奏します。
テヌート その音符の長さをなるべくいっぱいに伸ばします。
アクセント その音符を強く弾きます。
フェルマータ その音符を適当に長くのばします。
Legato レガート 音をなめらかにつなげて、流れるように演奏します。
スラー 途中で切らずに一息で演奏します。

メイコの作詞道場へ
ミクの音楽教室 メイコの作詞道場 カイトの作曲塾 カイトの編曲工房