カイトの作曲塾

8.コード進行をつける

A.コード進行の約束事

 メロディーは、コードのつながり方によって、安定して聞けたり、不安定になったり、終わる感じだったり、続く感じになったりするんだよ。
 また、進んでいいコード進行と進んではいけないコード進行というものもあるんだ。
 コード進行の約束事を知っておくと、作曲するときに楽になるよ。
なんか難しそうだけど、おもしろそう。
 まず最初に覚えておいてほしいことは、曲の始まりはTの和音(主和音)からはいると言うことなんだ。
 ヘ長調(キーF)だったら、Fのコ−ドから入るんだね。
 次に覚えておいてほしいのが、終わり方なんだ。終わり方には二種類の終わり方があるんだ。
 一つ目は、「まだ続く感じのする終わり方」で、大きくは2種類
Xの和音(属和音)で終わる半終止という終わり方と、
Xの和音(属和音)からTの和音(主和音)へとすすみ、Tの和音(主和音)の3音か5音で終わる不完全終止という終わり方があるんだ。
 ヘ長調だったら、C(ドミソ)で終わるのが半終止で、CからFのラかドで終わるのが不完全終止だね。
 ※ハ長調の場合/半終止G(ソシレで終わる)/不完全終止G→Cの3か5音(ミかソ)
 ※イ短調の場合/半終止Em(ミソシで終わる)/不完全終止Em→Amの3か5音(ドかミ)
 二つ目は、「落ち着いた終わり方」で、Xの和音(属和音)からTの和音(主和音)へとすすみ、Tの和音(主和音)の主音(1音)で終わる完全終止という終わり方なんだ。
 そうそう、Xの和音の代わりにX7を使うことが多いよ。
 ヘ長調だったら、C7(ドミソシ)の音からFの主音(ファ)になって終わるんだね。
 ※ハ長調の場合/G(ソシレファ)→Cの主音(ド)で終わる
 ※イ短調の場合/Em(ミソシレ)→Amの主音(ラ)で終わる
 8小節で一つのまとまりができるんだけれど、前半の4小節は、「続く感じ」で終わり、後半の4小節は、「落ち着いた感じ」で終わるんだよ。
  フレーズ 4  
  一部形式  
小三部形式  
 二部形式  
  三部形式
  ○続く感じの終わり方●落ち着いた終わり方

『その他の終わり方』
 *変格終止(W⇒Tへ進んで終わる)
 *偽終止(X⇒Wへ進む)

 ドラマの前編、後編と同じだね。前半は、「また来週へ続く」で、後半で事件が解決して「めでたし、めでたし」で終わるんだ。
 今度は、それぞれの和音からどのように進んでいくことができるのか見てみよう。

和音 キーC キーAm 進んでよいコード 説明
T C Am WXYV(U) 曲の始まりや終わりにもちいる。
U Dm Bm7(♭5) X
V Em WXY
W Dm TX(U) 歌の盛り上がりや展開の部分の始まりにもちいる。
X G7 E7 TY 主和音をもり立て、終わりの主音に進めるためには、X和音から入る。
Y Am WXV(U)
Z Bdim ほとんど使われない
太字は主要三和音   (U)は慣れてきたら使ってもよい

B.コード進行パターン

 いいことを一つ教えよう。多くの歌はよく使われるコード進行のパターンが決まっているから、それを使えばいいんだよ。
なーんだ、楽ちん楽ちん。
早くそのコード進行を教えて。
コード進行 長調/キーC 短調/キーAm
基本形 T−X-T C−G−C Am−E7−Am
T−W-T C−F−C Am−Dm−Am
T−W−X7-T C−F−G7−C Am−Dm−E7−Am
変化形 T−U−X7−T C−Dm−G7−C Am−Bm−E7−Am
T−Y−W−X C−Am−F−G Am−F−Dm−E7
T−Y−U−X C−F−Dm−G Am−F−Bm−E7
T−V−U−X C−Em−Dm−G Am−Cm−Bm−E7
T−V−W−X C−Em−F−G Am−Cm−Dm−E7
T−V−Y−W−X C−Em−Am−F−G
T−W−Z−Y−X7 Am−Dm−G−F−E7
循環 T−W−W−U−X−T
4度ずつ循環します。
C−F−Dm−G7−C- Am−Dm−G−C−F−Bm7・5−E7−
よく使う T−Y7−U7−X7 C−Am7−Dm7−G7
T−Y7−W−X7 C−Am7−F−G7
T−U7−X−Y7 C−Dm7−G−Am7
T−W−X−Y7 C−F−G−Am7
T−V7−W−X7 C−Em7−F−G7
T−V7−U7−X7 C−Em7−Dm7−G7
Y−W−X7−T Am−F−G7−C
W−X−V7−Y7 F−G−Em7−Am7
W−X−C−V7 F−G−C−E7
T−T7−W−W7 C−C7−F−Fm
T−Z−V−X7 Am−G−C−E7
T−Y−Z−T Am−F−G−Am
T−W−Z−Y・X7 Am−Dm−G−F・E7
W7−Z7−X7−T7 Dm7−G7−E7−Am7
T−W−Z−V
Y−U−X7−T
Am−Dm−G−C
F−Bm7(♭5)−E7−Am
サビ向き W−X−V7−Y7 F−G−Em7−Am7
W−V7−Y7−Y7・X F−E7−Am7−Am7・G
W−X−T−V7 F−G−C−E7
T−Y−Z−X Am−F−G−E

■(参照)調と和音とコード

9.サビについて

 ここでちょっとサビについて考えておこう。
 メロディーの形式でいえば「B」が多いのよね。特に印象的な言葉や、歌詞がリフレインされている場所で、一番目立つパートね。。
ノリノリで盛り上がろうぜ。
 サビを作るためには、ちょっと工夫がいるよね。
山場(サビ)の工夫
○メロディーを変える。
 前半がゆっくりだったら、激しいリズムに。逆に、早く軽快なリズムだったら、ゆったりとしたスケールの大きなものにする。
○メロディーラインの流れを変える
 前半上昇するラインだったら、高い音から下降するラインにする。上下動の少ないラインに対しては、大きなうねりのあるラインにする。
○印象的な短いメロディーパターンを繰り返す。
 ワンフレーズを繰り返すことで、強い印象を与えることができます。
○音域的に最も最も高い音を使う。
○サビ向きのコード進行を使う。
○セカンダリードミナントを使う。
 4度進行している部分(例えばEm7→Am7)の前のコードを7thコードに変える(Em7をE7に変えるということ)。
※4度進行がなければ、無理矢理4度進行を割り込ませるという手もある。(例えばC−Am−F−G7→C−Am−F−D7・G7という具合に割り込ませる)
○一時的な転調をする。
○ブロックとブロックのつなぎを工夫する。
 弾みをつけるようにつなぐ。間をとる。
いよいよ次からは、実際にメロディーを作っていくのね。


ミクの音楽教室 メイコの作詞道場 カイトの作曲塾 カイトの編曲工房